レッドルビンバジルを使ったピンクシロップの作り方|農家が教えるバジルの保存・活用術

バジルの中でも、アントシアニンの濃い赤紫色素をもつレッドルビンバジル。
レッドルビンバジルでシロップを作れば、バジルの爽やかな香りとロゼワインのような美しいカラーを併せ持ち、抜群のオシャレ感!
合成着色料を使わない天然色のシロップとして、スイーツやカクテル作りなどに大活躍です。

ぴっこ
ぴっこ

暑い夏の季節には、かき氷のシロップとして♪
着色料を使っていない手作りシロップで、子供たちにも安心よ。

今回は、レッドルビンバジルを使った、ローズ色のバジルシロップの作り方を紹介します。

▼レッドルビンバジルについてはこちらから

レッドルビンバジルを使ったローズ色シロップの作り方

作り方は、通常のバジルシロップとほとんど同じ。
但し、砂糖は必ず上白糖を使用。またシロップの発色をよくするために、最後にレモン果汁を加えます。


レッドルビンバジルは、出来るだけ摘みたての香りの良いものを使いましょう。バジルの香りは蒸気と一緒にどんどん飛んでしまうので、加熱後は手早く冷やすのもポイントです。

材料
  • レッドルビンバジル 50g
  • 水     200ml
  • 砂糖(上白糖) 200g
  • レモン果汁   20ml
作り方
  1. 鍋に水と砂糖を入れて火にかけ、砂糖を完全に溶かす。
  2. レッドルビンバジルを手で軽く揉んで香りを立たせ、繊維を壊すように小さくちぎって①に入れる。
  3. レッドルビンバジルをヘラで鍋の淵にギュッと押し付け色素を絞り出しながら、シロップをひと煮立ちさせ(殺菌の為)、火を止めてから蓋をして3分程度蒸らす。その後、鍋ごと冷水につけて粗熱をとり、レモン果汁を加える。そのまま一晩置いてじっくり香りを移す。
  4. 茶漉しなどを使ってバジルの葉を漉して、清潔なビンに移して出来上がり☆
ぴっこ
ぴっこ

レモン果汁を加えると、ロゼワインのような美しいピンク色のシロップになるよ♡

ぴっこ
ぴっこ

バジルの香りは、蒸気と一緒に飛んでいってしまうから、加熱時間はごく短く!
また加熱後に蓋をして蒸らしたら、その後は直ぐに冷ましてね!

レッドルビンバジルのシロップの使い方

天然色素で作るピンク色のシロップは、スイーツやカクテルなどのドリンク作りに大活躍。かき氷シロップとしても最適です。

気軽に楽しむ♪グラデーションのカクテルに

オレンジジュースのソーダ割に、レッドルビンバジルのシロップをそっと沈めると…
グラスの中に描き出される、鮮やかなグラデーション!
合成着色料は不使用。おうちで楽しむ、ナチュラル志向のカクテルです。

ゼラチンで固めて、爽やかジュレに☆

シロップをゼラチンで固めて♪夏に食べたい2層の爽やかパンナコッタ。
ベースの白に可愛く映えるピンクのジュレが、女子の心をわしづかみ♡

ぴっこ
ぴっこ

いろいろな料理にアレンジできるから、冷蔵庫にストックしておくと便利なの。
バジルシロップを使ったレシピ、随時紹介していくねー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました