失敗しない栽培のコツ

失敗しない栽培のコツ 失敗しない栽培のコツ

バジル栽培を楽しむために、最低限押さえておきたい栽培管理のポイントを紹介します。

バジルを育てる

バジルの収穫量を増やす摘芯|バジルの基本管理

バジルは摘芯を繰り返すことによって、枝数の多いこんもりとした株に育ち、葉の収量も増えます。摘芯とはエネルギーが集中しているてっぺんの生長点を切り落とし、下の節から脇芽の生長を促す事。たくさんの葉が収穫できる上手な摘心の方法について説明します。
お問い合わせ

バジル苗の定植|バジルの基本管理

バジルの育苗には小さなポットやトレーを使用しますが、そのままにしておくとやがて根詰まりを起こし育たなくなってしまいます。バジルは少し大き目の鉢や畑に植え替える事で、長く楽しむことができます。今回はせっかく育てたバジル苗を失敗しない定植するためのポイントについて紹介します。
バジルを育てる

水やりと根腐れ|バジルの基本管理

私たち人間の体の60%以上が水であると言われますが、植物はそれ以上の80%~90%が水です。骨のないバジルが太陽に向か...
バジルを育てる

種が発芽しない理由はコレ!|失敗しないバジル栽培

バジル種まきの適期は気温が20~25℃くらいに安定する5月以降。発芽に光が必要な好光性種子ですが、乾燥防止や保温対策として5㎜程薄く覆土してあげると発芽しやすくなります。また、直射日光は避け、軒下などの半影の場所で管理し、水はジョウロなどを使って毎日丁寧にあげましょう。
バジルを育てる

発芽前の管理場所や水のあげ方|バジル種のまき方④

バジル種まき後、発芽までの期間の期間は直射日光が当たらない半影の場所で管理しましょう。直接日が当たる場所で管理した方がより短い日数で発芽しますが、乾燥による発芽不良のリスクも伴います。バジルの発芽には光以外にも水と酸素、熱のどれもが欠かすことのできない大切な要素です。
バジルを育てる

好光性種子と覆土について|バジル種のまき方③

バジルは種をまいてから芽が出るまでに5日~10日程かかり、さらに種も小さいため、発芽には細やかな環境管理が必要な野菜です。特に、種まきの際の深さや覆土はとても重要なポイントです。失敗しない為の種まきののコツと、必要な道具について説明します。
バジルを育てる

鉢・プランターへの土の入れ方|バジル種のまき方②

排水性を確保は栽培の基本で、限られたスペースで育てることが多い家庭菜園やガーデニングでは特に重要なポイントとなります。プランターや鉢などので起こりがちな根腐れは、水はけの悪さによるものです。ちょっとした工夫で回避できますので、ぜひバジルにとって快適な環境を用意してあげいましょう。
バジルを育てる

発芽条件を知ろう|バジル種のまき方①

バジルの発芽にとって重要な条件は主に3つ。20℃~25℃のの発芽適温であること、光合成に必要な光があること、水や酸素が十分であること。これらの条件が揃うとバジルの種は、発芽しても十分に生きていける環境が整ったと判断し発芽に向けた準備を始めるのです。
バジルを育てる

鉢・プランターの選び方|バジル栽培に必要なもの

鉢やプランターの大きさや素材は、目的によって使い分けます。庭先の花壇?それともベランダガーデン?あるいはキッチン栽培?あなたの栽培方法はどれですか?それぞれに応じた鉢のサイズや、素材の短所長所などを紹介します。
バジルを育てる

市販の培養土の選び方【pHやECの値をチェックしよう】|バジル栽培に必要なもの

保水性、排水性、保肥性、通気性が良いように物理的に設計され、さらに酸度や肥料まで調整された便利な培養土ですが、販売コーナーに行くと選択肢の多過ぎて、購入に迷うところです。培養土を選ぶポイントである、pH値、EC値、種まき培養土と一般の培養土との違いを説明します。
タイトルとURLをコピーしました