農業の基礎知識

農業の基礎知識 農業の基礎知識

バジルは家庭菜園ビギナーにも優しい野菜ですが、農業の基本知識を押さえて置くと、さらに栽培が楽しくなります。農業書にの説明は生物・化学用語などが多用されていて難しく嫌煙されがちですが、土や植物体内で何が起こっているのかをイメージしやすいように分かりやすく解説します。

バジルを育てる

窒素飢餓と有機肥料や堆肥のC/N比(炭素窒素比)|バジルを育てる肥料

植物が窒素肥料を吸収できない窒素飢餓を防ぐためには、有機肥料や堆肥と微生物との関係性を正しく理解する必要があります。また有機資材の成分表示に記載されているC/N比に基づいた土づくり設計も必要です。植物が吸収しやすい無機態窒素と、微生物の分解する仕組みについても詳しく説明します。
バジルを育てる

余った種の保管方法|有効期限が切れても使える?

余ったバジルの種は適切な環境で保管すれば、翌年にも発芽させることができます。上手に保管して、お財布に優しいバジル栽培を楽しみましょう。ポイントは、種の休眠状態をどれだけ保てるかということ。発芽とは逆に温度、光、水に触れさせないことが種の寿命を延ばすためのコツです。
バジルを育てる

基肥に入れる緩効性肥料と肥料やけについて|バジルを育てる肥料

基肥で最も重要なのは、種まきや発芽の時期に濃くなり過ぎないという事です。発芽したてのバジルの根は繊細で、より肥料焼けを起こしやすい状態です。その為、通常の栽培時期よりも薄い濃度での肥料調整が必要です。基肥には肥料濃度の調整がしやすい、緩効性肥料を選んで使用しましょう。
バジルを育てる

苦土石灰の使い方|酸性の土をアルカリ性に近づけるpHの調整方法

バジルの栽培には、弱酸性~アルカリ性(pH6.0~7.0前後)の土が必要な為、pHを測定して苦土石灰などによる酸度調整を施す必要があります。苦土石灰や、そのほかの消石灰、有機石灰、もみ殻燻炭などの使用方法や長所、短所を説明します。また、培養土の基肥についても説明します。
バジルを育てる

培養土の作り方|赤玉土や腐葉土、バーミキュライト、ピートモスなどの性質や働きを知ろう

植物それぞれの適正に合わせて複数の用土や資材を配合した、栽培用の土を培養土と言います。培養土として使用される用土や資材の選択肢は広く、また既製品の培養土も種類が非常に豊富で、何を選んだらよいのかを迷う方は多いかと思います。それぞれの長所や短所も交えながら説明します。
バジルを育てる

土壌pHとバジルとの関係について

バジルを栽培するにはアルカリ性土壌であるに越したことはありませんが、一般的に酸性障害が出るはpH5.5を下回ったときである事、さらにpH6.0~6.5(弱酸性)の範囲内であれば植物に必要な要素は土壌中に溶解していて吸収に問題がない事、などから無理なアルカリ土壌への矯正は必要ないのではと考えています。
タイトルとURLをコピーしました