レッドルビンバジルの楽しみ方|栽培や調理方法について紹介

レッドルビンは赤紫色の美しいバジルです。
バジルには他にも赤葉系の品種がありますが、その中でもレッドルビンは格段に発色が良く、育てやすい品種です。

スイートバジルよりも華やかで濃厚な風味をもち、食卓に彩りと香りを添えます。
また赤紫色の大きな葉を広げる凛とした姿は、真夏に咲くポインセチアのようで観賞用としても人気です。

今回は野菜としてだけではなく観葉植物としても楽しみたい方にオススメの、レッドルビンバジルについて紹介します。

レッドルビンバジルの特徴

英語名:Red rubin basil  学名:Ocimum basilicum ‘Red Rubin’

レッドルビンバジルは、スイートバジル同様にとても栽培し易い品種です。葉が大きく展開する品種のため、スイートバジルに比べるとゆっくり生長します。
葉や茎の全体が艶やかな赤紫色で、生長すると赤紫色の美しい花を咲かせます。食材のハーブとしてはもちろん、観賞用としても楽しめるバジルです。

赤紫の色素は加熱すると、残念なが茶褐色に変色してしまいます。その為、熱を加える調理には向きません。自慢の美しい赤紫と、濃厚な風味は、サラダのアクセントとして抜群の存在感を発揮します。
またお酢に漬け込むと香りと共に赤い色素も抽出され、バジル香る赤色ビネガーに。風味とオシャレ感を兼ね備えた調味料として、食卓で大活躍です。

レッドルビンバジルの栽培

スイートバジル同様に病気や寒さに強く、栽培し易い品種です。但し、日照が不足するとすぐに退色してしまうため、直射日光があたらない屋内での栽培には不向きです。また、日照時間が短い季節にも、発色しにくくなります。

ぴっこ
ぴっこ

レッドルビンバジルの赤紫色の色素は、ポリフェノールの一種であるアントシアニン。
太陽の紫外線から、自らの体を守る為に生成される成分なのよ。
紫外線がガンガン降り注ぐ過酷な環境ほど、葉っぱが濃い赤紫色に染まっていくの。

種まき

培養土に種をまき、種が隠れるように5㎜程薄く覆土して、ジョウロで丁寧に水やりをします。できるだけ20℃以上に保ち、発芽するまでは種が乾かないように注意してください。光がないと発芽しないので、直射日光が当たらない明るい場所で管理しましょう。5日~1週間程で発芽します。

ぴっこ
ぴっこ

発芽直後から、全身がワインレッド色♡

植え付け・日常の管理

本葉4枚がしっかりと展開し、5~6枚目が見え始めたら定植します。葉の一枚一枚にしっかりと日光を当てるのが、美しい赤紫色に育てるためのポイントです。定植する際には、株と株との間隔をしっか空けて、日照が得やすい環境を整えてあげましょう。

3節目まで伸びたら、摘芯して脇芽を増やし、収穫量を増やしましょう。また、花が咲くと葉の風味が落ちるので、花芽が付いたら早めに摘み取ってください。
特にプランター栽培の場合は、肥料が切れると色褪せてしまう為、様子を見ながら適時追肥をするようにしてください。

比較的寒さには強いので、上手に管理すれば中秋ごろまで収穫が楽しめますよ。

レッドルビンバジルの楽しみ方

美しい赤紫色が自慢のレッドルビンバジルですが、熱を加えたり、ペーストに加工すると色が褪せてしまいます。レッドルビンの実力を最大限に発揮するには、サラダなどの生食がお勧めです。
また色素を上手に抽出して、カラーシロップやビネガーを作るのも素敵ですよ☆

カラフルなサラダに

スイートバジルとよく似た爽やかな風味と柔らかな食感をもち、ワインレッド色の美しいレッドルビンバジルは、サラダのアクセントとして加えると抜群の存在感。

ローズ色のハーブシロップ

シロップにレッドルビンバジルの色と風味を移して、香り豊かなローズ色のシロップに。
レッドルビンバジルをシロップ液に浸した後、レモン果汁を加えることで色鮮やかに!
ドリンクやスイーツ作りに大活躍です。

ぴっこ
ぴっこ

レッドルビンシロップを使って、おうちでワクワク☆カフェ気分♪

カクテルに沈めて、グラデーションを楽しんで♪

シロップをゼラチンで固めてピンクジュレに♪2層で可愛い、爽やかパンナコッタ。

ワインレッドのビネガーに

お好みの酢にレッドルビンバジルを浸し、直射日光が当たらない場所で2週間ほど漬け込めばバジル香る美しいワインレッドビネガーの出来上がり♪
お洒落なドレッシングに。炭酸で割って、夏の疲労回復さっぱりドリンクに!

ぴっこ
ぴっこ

レッドルビンバジルで、暮らしに彩りを☆
Happyなバジルぐらし始めませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました