和風バジルソース「バジル味噌」|バジルの保存・活用術

以前イタリアを旅行した時、世界中を飛び回っているベテランのガイドさんから「空港には、その国を象徴する香りがする」という話を聞きました。
イタリアならピザの香り、インドならスパイスの香り、そして外国人が日本に降り立つと感じるのは味噌の香りとのこと。

バジルは、イタリアの緑白赤の3色国旗をイメージしたピザ「マルゲリータ」には欠かす事の出来ない食材。また、バジルの原産地であるインド周辺地域では、スパイスを効かせたカレーなどのアクセントとして清涼感のあるバジルが愛用されています。

では日本を象徴する味噌と、バジルとの相性はいかがでしょう?

実は、バジルの爽やかな風味は、味噌とも絶妙に調和します。

今回は、味噌とバジルを擦り合わせた万能調味料「バジル味噌」の作り方と、その活用方法について紹介します。

ぴっこ
ぴっこ

バジル味噌は、「和風ジェノベーゼソース」っといったところね!
材料や作り方は、ジェノベーゼソースよりも簡単。
キッチンにある材料で、パパっと5分程度でできちゃうの!

スポンサーリンク

バジル味噌の作り方

味噌がベースになっているから、和の食材にもしっくりとはまる万能調味料です。

材料
  • バジル 40g
  • 味噌 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ2
  • ニンニク 1/2片
作り方
  1. バジルは茎を取りのぞき、葉を洗って水気をよく拭き取る。
    ニンニクはすりおろしておく。
  2. すり鉢でバジルをすり、残りの材料を加えて滑らかなペースト状になるまですり合わせる。
ぴっこ
ぴっこ

すり鉢が無い場合は、ブレンダーで混ぜてもOKよ。

出来あがったバジル味噌は保存容器に入れて、3日程度で使い切ってください。
多めに作った場合、冷凍庫で保存することも出来ます。ジッパー袋にいれて冷凍すると、使いやすく便利ですよ!

スポンサーリンク

バジル味噌の使い方

バジル味噌の使い方は、和洋の垣根を越えて無限大。通常のバジルソースに比べると油が控えめな為、さっぱりと食べたい料理でも楽しめます。

冷奴 ~バジルの香り~

バジルの清涼感が食欲をそそる、夏バテ気味の時に食べたい冷奴です。

香り爽やか 野菜ディップ

暑い夏の日、キッチンで火の前に立ちたくないな…なんて時にぴったり!野菜がパクパク食べられます。

豚ロースのバジル味噌ステーキ

豚ロースにバジル味噌をぬって、1時間以上馴染ませてからフライパンで焼きます。味噌が焦げないように、弱火で焼くのがポイント。味噌が肉を柔らかくし、バジルの風味もしっかりと染み込みこんで、ジューシーさと爽やかさを兼ね備えた夏に楽しみたいステーキです!

バケットに塗って、トーストして!

バジルの爽やかな香りは朝食にぴったり!パンに塗って軽くトーストすると、バジルの清涼感に味噌の香ばしさもプラス。チーズをのせても美味しいですよ。
また、おつまみにも最適!ワインが飲みたくなる一品です。

バジルは、イタリア料理だけではなく、インドやタイなどの東南アジア料理、そして日本料理でも活躍する万能ハーブです。
バジルがあると、いつもの食卓がもっとHappyになります。バジルぐらし始めませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました