根腐れの原因と対策

水も肥料も十分に足りているはずなのに、バジルの葉っぱが萎れてどんどん黄色くなる、茎に張りが無くぐったりしている、こんな症状が見られた場合は根腐れを疑ってください。鉢の中の根が黒く変色しているようなら、それは根腐れです。


根腐れとは、鉢の中で根が腐っていく病気です。始めは葉や茎に水や栄養素の欠乏症状が表れますが、水や肥料を補充しても根に吸い上げる力がないため回復しません。症状が進めば、やがて株元から腐敗臭が出て、株全体が枯れてしまいます。

根腐れの原因は複数あります。
もっとも多くみられるものは土の過湿による雑菌の繁殖ですが、肥料や乾燥が原因になる場合もあります。今回はバジルの根腐れの原因と予防方法、また根腐れが起きてしまった時の対処方法について説明します。

スポンサーリンク

根腐れの原因

①土の過湿による病原菌の増殖と、根の窒息

鉢の中に不要な水が溜まっていると、土の酸素濃度が下がります。すると腐れを起こすタチの悪い土壌病原菌が増殖し、またバジルの根も酸欠で抵抗力を失っている為、病原菌の攻撃に耐える事が出来ずに壊死してしまう現象です。

根を攻撃して壊死させる病原菌は、酸素のない土で増殖する嫌気性菌の一種です。一般的などの土壌にも存在していますが、植物の根も抵抗力をもっているため、密度が低い場合は問題とはなりません。ところが不要な水が滞留して土が酸素濃度が下がると、嫌気性菌の密度が上がってしまいます。また酸素が欠乏した土壌では、植物の根が健全な呼吸をできないため病原菌への抵抗力を失ってしまうのです。

ぴっこ
ぴっこ

私たちも寝不足とか、ストレスとかで免疫力が落ちていると…
ちょっとしたウイルスにやられて体調を崩してしまいがち。

健全な新陳代謝ができるように環境を整えて、身体の抵抗力UPを!


この根腐れは、土が酸素欠乏にならないように環境を整えることで防げます。
次の事に気を付けてて栽培しましょう。

  • 排水性、通気性を配慮して調合された培養土を使う。
  • 排水性の良い鉢を使う。
  • 排水された鉢皿の水は直ぐに捨てる。
  • 夕方や夜間の水やりは極力避ける。また気温の低い時期や曇天が続いている場合は、土の表面が乾いてから水をあげる。

②肥料のあげ過ぎによる根の傷み

肥料やけと呼ばれる障害で、土の中の肥料成分が濃すぎると植物の根は水分を失い枯れてしまいます。
肥料は沢山あげれば良いというものではありません。濃度を守って適量を施肥しましょう。

③土の乾燥による根の傷み

急激な環境変化に耐えることが出来ず、根が傷んでしまう場合があります。特に土がカラカラなるような極度の乾燥に遭わせると、回復できずに枯れてしまう場合があります。

猛暑期には短時間で鉢の水が枯れてしまう場合もある為、鉢を半影に移動させたり、日除けを作ってあげるなどの工夫が必要です。また、予め保水量の多い大き目な鉢に植えておくのも対策になります。

④根詰まりによる酸素欠乏

バジルを植える鉢は、1株につき直径30㎝ほどのものが理想です。小さな鉢や複数株を密植した場合は、やがて根を伸ばすスペースが無くなり、茎や葉の成長に対して追い付かなくなる場合があります。これを根詰まりといいます。この様に鉢が根でぎゅうぎゅうに詰まってしまうと、土が十分な酸素を取り込めなくなり、嫌気性の病原菌が増殖して根腐れをおこします。

鉢底の穴から根が飛び出している場合は、根詰まりを起こしている可能性があります。継続してバジルを収穫したい場合は、大き目の鉢に植え替えてあげましょう。

スポンサーリンク

根腐れを起こした時の対処法

根腐れしたバジルを完全に復活させるのは、ほぼ不可能です。病症が初期でまだ茎が傷んでいない場合は、根から切り離して挿し木を試みましょう。バジルは水に挿しておくことで茎から発根する為、うまくいけば再生が可能です。

挿し木の方法

茎の元気な部分を葉が4枚ほどついた状態で切り取り、水を入れたコップなどに挿して発根を待ちます。この時、蒸散を防ぐため、それぞれの葉は半分くらいに切り落としておきます。また、直射日光が当たらない明るい場所で管理し、水は毎日取り換えて清潔な状態を保ちましょう。約1~2週間ほどで発根が始まりますが、十分に根が増えてから新しい土に植えかえましょう。根腐れを起こした鉢の土は、雑菌が繁殖しているため絶対に使わないでください。

バジルは適切に管理してあげれば、初夏から秋の中旬までの長い期間で収穫を楽しめる野菜です。根腐れなどの障害を防ぐ為には、種まきや定植をする際の培養土や鉢の選定は特に重要です。

ぴっこ
ぴっこ

バジルを元気に育てて、Happyなバジルぐらしを満喫しましょ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました